アンチノール サプリメント 関節

【神サプリメント】アンチノールってどうなの??

こんばんわ!

最近、お腹の調子がすこぶる悪いリプトンです…

お酒の飲みすぎなのか、腹痛で悩まされています。

 

さて、今回のテーマは関節疾患用のサプリメント紹介です♪

色々な関節用サプリメントを紹介することも可能なのですが、動物病院に毎日出入りしている時に気づいたことがありまして、それを書いていこうと思います。

 

みなさんは「アンチノール」ってサプリメントを知ってます?

このサプリメントですが、自分が担当している動物病院で恐らく7割越えで採用されていると思うんですよ(あくまでもわたしの体感です!!)

しかも、商談の際に実際の使用等を聞き取りをしてみると、ほとんどの獣医師が効果を実感している印象です。

そこから「アンチノール」に興味を持ちました!

ただならぬ神サプリメントの予感がしたので、まとめてみます。

本記事では「アンチノール」をテーマとして下記の2点を紹介します。

  • アンチノールとは?
  • 関節疾患以外で使えるの??

 

サプリメントなので個体差が生じることがあります!

あくまでも個人の意見になりますので、ご了承願います!

 

私は動物関連の会社で約5年務めています。

業務の中でペットフードの栄養学アドバイザーの資格を習得し、動物病院で日々セミナーを行っております。

毎日、動物病院に出入りしているからこそ、どのような食事が良いのかが分かるものです

世の中の信憑性がない情報に左右されるのはなく、本当にいい情報だけを推奨します。



■本日のテーマ

アンチノールとは

画像出典:ベッツペッツ・アンチノール

アンチノールって何のサプリメントなの?

犬・猫を飼っているペットオーナーは動物病院で一度は上記のパッケージを見たことがあるじゃないでしょうか?

そう、このサプリメントが「アンチノール」です。

アンチノールは関節疾患をはじめ、様々な疾患に適応されています。

全国で約6,000件の動物病院で採用されているそうです!

まず入っている成分ですが

・オリーブオイル

・モエギイガイ非極性脂質(PSCO-524®)

・d-α-トコフェロール

・カプセル(牛由来ゼラチン・グリセリン・水)

が入っています。

アンチノールが期待できることは「抗炎症作用」です。

つまり炎症が起きて痛みを発症しているなら、根本の炎症を抑えちゃえという考えですね。

この抗炎症作用がとにかく凄いんです。

アンチノールでは抗炎症作用を応用して、様々な疾患に適応するサプリメントとなります。

・関節疾患

・皮膚の炎症

・被毛

・心血管

・腎臓

それぞれω3脂肪酸が各炎症部位に働きかけることで改善を期待します!

サプリメントでここまでカバー出来ること自体が凄すぎます…

発売当初、アンチノールは好評すぎてステロイドが入っているんじゃないか?って疑惑が私の周りであったのを覚えています。

でもね…実際入っていないんですよ!

他の関節サプリメントの成分はコンドロイチン・グルコサミンがほとんどですが、アンチノールはω3系の脂肪酸のサプリメントになります。

このω3系脂肪酸こだわりが凄いんです!

まずは「アンチノール」=「抗炎症作用」と覚えて下さい♪

 

こだわりの品質!

このω3脂肪酸のこだわり方が凄いんです。

発売元の「VetzPetz」のホームページにも掲載していますが、原材料のこだわりがにじみ出ています。

  • ニュージーランド政府が保護している、特定海域で育った「モエギイガイ」を使用。

政府の保護している特定海域って…

確実に他がマネ出来ないポイントですよね!

例えば、他社が同じ「モエギイガイ」を使用しているサプリメントを作ったとしても、「うちはニュージーランド政府が保護している海域のモエギイガイしか使わないよ」と言われたら敵いませんよね^^;

 

  • オイルの抽出方法 オイル名「PCSO-524®」

アンチノールの原材料でもある「モエギイガイ」のオイルを抽出する方法自体が「特許」です。

この抽出方法も差別化のポイントになります。

「熱をかけずに抽出する」ことがポイントらしく、品質を落とすことなく、脂肪酸の働きを十分発揮できる状態になるようです。

この抽出したオイル「PCSO-524®」をソフトカプセルに入れたものです。

 

アンチノールの与え方

一日量を記載します。参考にして下さい♪

10㎏未満 1

10㎏から20㎏ 1粒から2

20㎏以上 2粒から4

関節サプリメントの特徴として、成分を体に慣らすために導入期というものが存在します。

アンチノールも同様、導入期では体に慣らすために約2倍量を約2週間続けて下さい!

 

与え方の工夫について

  • カプセルごと与える

 

  • カプセルを爪楊枝でさして中身を与える

上記の方法がメインの与え方です。

それ以外もあるそうでが、こちらを参考にして下さい。

どんな場面で使えるの?

関節疾患がメイン

アンチノールは、基本的に「関節疾患の炎症を抑えることで痛みを取る」ことが期待されることが多いと思います。

それ以外の使い方もありますが、基本的な使い方の王道は「関節疾患です!

アンチノール製造元の「VetsPetz」のホームページに使用したペットオーナーのお声というページも掲載されています。

もし飼っている犬種と同じ子がいれば参考になると思います♪

こちらからご覧ください♪

お客様の声 ベッツペッツ・アンチノール

 

その他の適応疾患

上記にも記載しましたが関節疾患でも使用できます!

①皮膚炎

皮膚の炎症を取り除くことを期待して使用

アトピー性皮膚炎などに使われます。

炎症を抑えることで、かゆみの負担を減らしてあげる事が出来ます。

②被毛

皮膚の治療の結果として付随するものです。

炎症を抑え、体のメカニズムが正常になると生えるそうです。

その他に、手術後の脱毛原因不明の脱毛にも使用します。

③心血管

心臓疾患の場合の脂肪酸の働きは「悪液質」のもとのサイトカインを抑える事が期待できます。

いきなりサイトカインといっても分かりづらいので、悪い物質を押さることで心臓の負担を軽減出来ると考えて下さい。

アンチノールには「血管拡張作用」が期待できますので、心血管に対して十分な血流を送る事が出来ます。

④腎臓

アンチノールには腎臓の毛細血管も開く効果を期待できます。

つまり十分な血液を腎臓でろ過することで、不必要な老廃物を排除します。

この効果は猫ちゃんで好評だと思います。

◆まとめ

以上で「アンチノール」の基本的なところを説明しました。

興味は沸いてくれましたか?

是非、獣医師の元で説明を聞いて頂ければと思います。

「アンチノール」の回し者みたいな感じになっちゃいましたが、それぐらいの魅力があるサプリメントになります!

これって薬じゃないのってぐらい、色々な疾患に適応できるサプリメントなので

是非使ってみて下さい♪

 



 



-アンチノール, サプリメント, 関節
-, , ,

Copyright© TorutoruBlog【とるとるブログ】 , 2021 All Rights Reserved.