アトピー性皮膚炎

犬アトピー性皮膚炎の食事管理【フード・サプリメント編】

画像出典:Coicyaさんによる写真AC

こんばんわ!

大型連休が終わり、社会人復帰を目指し為、無理やり外回りの営業をしているリプトンです!

 

前回は犬アトピー皮膚炎について前回は深掘りをしていきました。

病気編を読んでいないかたはこちらからご覧ください♪

犬のアトピー性皮膚炎について【治療のコンセプトを紹介!】

 

犬アトピー性皮膚炎は基本的に完治するものではないので、病気と上手に向き合っていくこと大切です。

治療の方針は「症状の緩和」になるのですが、薬は専門性があるのでさすがにサポートが出来ません。

したがって、ペットフードやサプリメントを中心に紹介していきます!

 

本記事では「犬アトピー性皮膚炎の食事管理」をテーマとして下記の2点を紹介します。

  1. 犬アトピー性皮膚炎の適切なペットフード
  2. サプリメントの紹介

 

犬・猫の皮膚のトラブルは人間と同じで、しっかりと栄養管理をすれば徐々に改善をしていきます。

その為に自分であれこれ決めるのではなく、獣医師の判断を仰ぎましょう!

 

私は動物関連の会社で約5年務めています。

業務の中でペットフードの栄養学アドバイザーの資格を習得し、動物病院で日々セミナーを行っております。

毎日、動物病院に出入りしているからこそ、どのような食事が良いのかが分かるものです

世の中の信憑性がない情報に左右されるのはなく、本当にいい情報だけを推奨します。

 

■本日のテーマ

アトピー性皮膚炎の食事管理

食事管理のポイント

前回、犬アトピー性皮膚炎の治療をする上でのポイントを覚えていますか?

治療方法は、「皮膚バリアー」・「環境アレルゲン」・「免疫系統」の3点を多角的にアプローチすることが大事と伝えましたね!

これを見ると、一つだけやれば効果ありそうじゃんと思いませんか?

私も最初はそう思いました!

全て行うと治療費も高くなるんじゃないかとか考えちゃうわけなんですよねぇ。

しかし犬アトピー性皮膚炎の治療というのは、どれか1つだけで良いというものではなく、3つ同時に行うことが大切です。

中でも皮膚バリアー機能の改善という点でフード及びサプリメントが役に立ちます。

犬アトピー性皮膚炎の皮膚の表面は、炎症による掻き壊しでボロボロの状態です。

ボロボロがゆえにホコリや花粉といったアレルゲンが皮膚から吸収してしまい、免疫が過剰に反応をおこします。

そこで皮膚のダメージと炎症を抑える栄養素が必要になるわけです!

 

皮膚バリアー機能について

肌のバリア機能に働きかける 明治ヨーグルトライブラリー から引用

 

皮膚バリアー機能というのは細菌、真菌(カビ)、ホコリ、花粉といった環境アレルゲンの侵入を防いだり、体内の水分を外に出さないようにする(保湿)といった働きをする皮膚の事です。

皮膚の表面をクローズアップすると図のような断面になります。

その一番外側の皮膚の部分にバリアー機能があります。

その部分をクローズアップすると角化細胞(垢)と細胞間脂質(セラミド)がぎゅっと詰まっている状態です。

皮膚バリアーとは、この角化細胞がレンガの様に連なり、そのレンガの隙間をセメントの役割で細胞間脂質が埋めるんです。

そうすることで強固な壁(バリアー)が作られます。

この皮膚バリアーがあるからこそ、健康な皮膚の状態が保たれるんです!

一方、犬アトピー性皮膚炎の症例は、この皮膚バリアー機能がボロボロになっているんです。外敵が侵入しやすい状況ということですね!

次にどの栄養素が役立つのかを考えていきましょう!

必要な栄養素一覧

銅・亜鉛

皮膚の角化を促進させるミネラル。

角化とは別名「ターンオーバー」とも呼ばれます。

見た目ではわかりませんが皮膚は日々新しい細胞できれいな状態に生まれ変わり、古い細胞(皮膚)は垢となって剥がれ落ちます。

つまり、少しずつ皮膚も新しいものに生まれ変わっているんです。

その皮膚の生まれ変わりの周期をターンオーバーと呼び、犬・猫は21で皮膚が生まれ変わります。

 

EPA・DHA【ω3脂肪酸】

ω3脂肪酸を配合することで炎症を抑える効果を期待できます!

青魚に多く含まれる脂肪酸であり、サバ・あじ・ブリといった魚に多く含まれます。

断トツで多い魚はマグロの「トロ」になります。

さすがに毎日マグロの「トロ」を食べていたら家計を圧迫しますね…

その為、ペットフードメーカーのフードには最初からEPA・DHAが豊富に入っているんです。

お得に感じませんか??

 

パンテトン酸・イノシトール・ナイアシン・コリン・ヒスチジンの配合

皮膚バリアー機能のセメントの細部間脂質(セラミド)の合成を促進させる栄養素です。

この栄養素を取る事で、バリア機能の改善を促進させることが期待出来ます!

ロイヤルカナンではこの栄養成分がP.I.N.C.Iカクテルという成分で特許になっています!

 

アロエ

傷の修復を促す事を期待して配合!

海水浴をして日焼けをしてしまった時に、アロエの成分が入った抗炎症薬を塗るケースがあると思いますが、これは傷の修復を促すことを期待しているんです!

クルクミン

ウコンの成分の事です。

炎症物資の元をシャットアウトします!

結果、抗炎症作用が期待できます!

 

皮膚に役立つフードやサプリメントの紹介

おすすめのドッグフード

スキンサポート【ロイヤルカナン】

Canine Skin Support Dry Dog Food-ロイヤルカナンから引用

犬アトピー性皮膚炎のように皮膚がボロボロの症例に使用するペットフードです。

ロイヤルカナン製品で皮膚のトラブルで選ぶならまずはこれ!

高消化性の原材料を使用し食物アレルギーを回避!

EPA・DHA、クルクミン、アロエ、抗酸化物質配合して、アトピー性皮膚炎に配慮。

普段の皮膚のケアにも使えるので、トータルケアが可能です♪

 

ダームディフェンス【ヒルズ】

ヒルズの最新ニュースとお知らせ から引用

皮膚のトラブルを科学的にケアして、健康な状態を保つのが目的のフードです!

ヒルズ専用栄養ブレンド成分「ヒスタガード」配合。

ヒスタガードはポリフェノールや卵といった材料を特別ブレンドさせた栄養成分です!

こちらの成分は、正常な免疫反応の管理や抗酸化作用を持ちます!

使うタイミングは、季節性のかゆくなる時期の前に使用し始めるのがベストです!

スキンケアプラス成犬・ジュニア【ロイヤルカナン】

プレミアムペットフードのROYAL CANIN から引用

スキンサポートの弟分みたいな存在。

海外では能力が高いので療法食扱いだが、日本では総合栄養食の部類になるので、お買い得です!

超高消化性小麦タンパクを使用することで、未消化物を99%出させないところがポイントです。

つまり、食物アレルギー対しても起こしにくい構造になっています。

EPA・DHAや抗酸化物質も多く配合。皮膚の健康状態を整えます!

また食糞でお悩みのペットオーナーに対してもおすすめ!

おすすめのサプリメント

アンチノール【ベッツペッツ】

ベッツペッツ・アンチノール から引用

ニュージーランド産のモエギイガイから、特別な製法でオイルを抽出した脂肪酸の製品!

EPA・DHAやオリーブオイルの抗炎症作用が凄まじいです!

もともと、関節疾患に対して抗炎症効果があるので使われていたが、近年様々な分野の抗炎症作用に使えることがわかり、ほとんどの動物病院で採用されています。

サプリメントとは思えないほどの、効果の実感が動物病院から聞こえてきます!!

モエギキャップ・タブ【共立製薬】

獣医医療開発株式会社 モエギキャップ・モエギタブ から引用

上記のアンチノールの類似品です。

サプリメントなのでジェネリックという概念がありませんので類似品と記載しています。

しかし、調べてみるとこのサプリメントも凄いんですよ!

アンチノールと比べ

  1. EPA・DHAの量が約2倍配合
  2. 価格が安い
  3. タブレットタイプが発売している

上記の3点が差別化ポイントですね!

 

犬アトピー性皮膚炎で役立つペットフードやサプリメント情報はいかがでしたか?

獣医師が選ぶペットフードやサプリメントには必ず意味があります!

したがってペットオーナーは、この製品を使用している理由を理解することが大事です

そうすること治療に対して積極的に参加できると思います♪

-アトピー性皮膚炎
-, , , ,

Copyright© TorutoruBlog【とるとるブログ】 , 2020 All Rights Reserved.