犬・猫の行動 猫の行動

猫に散歩がいらない理由3点【簡潔版】

困った人

愛猫の散歩をしたいけど、必要ないって聞きました。

猫の散歩がいらない理由は、何でしょうか?

 

このような疑問を解決していきます。

 

猫の散歩を、見たことがありますか?
猫の散歩って、犬よりも見る頻度が各段に少ないですよね。

 

犬には散歩文化があるのに、何故、猫にはないのでしょうか。

このような話は、猫の習性を知る事で解決ができます。

 

バイ君
猫の散歩⁉必要あるの⁉

実際、猫の散歩は見たことないな!

膝が痛いから歩くことは苦手だわん
ゲンちゃん

 

この記事を書く“りぷとん”はこんな人。

りぷとん

◆ペットフードの栄養学アドバイザーの資格取得
⇒年間約100セミナー実施。

◆ペットフード相談会
⇒年間50回

◆動物病院に毎日出入り
⇒鮮度の高い獣医療の情報ゲット




 

猫に散歩がいらない理由

猫は本当に散歩がいらないのか

猫の散歩がいらない3つの理由。

  • 遺伝的要因
  • 猫の成長環境
  • 運動問題

猫の散歩について考えるには、この3つを理解する必要があります。
一つ一つ見ていきましょう。

 

猫の遺伝的要因

猫は単独で生活をして、他人に媚びないってイメージがあります。

そのような性格や習性は、『遺伝的要因』によって決まります。

 

では『遺伝的要因』が、猫の散歩とどのように関係があるのでしょうか。
分かりやすいように、犬と対比して考えてみましょう。

 

犬の祖先は『オオカミ』です。

 

オオカミは『群れ』で狩りをする動物です。
大勢で獲物を囲い込み、じわじわと追いつめて捕らえます。

 

オオカミが行動する際は、リーダーが指示をだして群れをまとめます。

つまり、リーダー(飼い主)の指示で下位のオオカミが動くのです。
このような『主従関係』を犬には遺伝的に備わっています。

 

犬は遺伝的に誰かしらと行動する事を、得意とする動物なのです。

 

一方、猫はどうでしょうか。

 

猫の祖先は『リビアヤマネコ』です。

 

猫は自分の縄張りを、とても大事にする動物です

自分の縄張りに、他人が入ることを許しません。

 

狩りの際は、縄張りに獲物が立ち入るまで待ちます。
そして獲物を一瞬で捕らえるのです。

 

猫は遺伝的要因として、
他人に依存することなく自己完結で成長してきた動物です。

 

このような背景から、猫は人と一緒に歩く文化がありません。

だから散歩の文化がないのです。

猫って孤高の動物ってイメージだよね!

その分、散歩を慣れさせるのは大変そうだね

ゲンちゃん

猫の成長環境

猫の成長環境も重要です。

  • ある程度の年齢まで、外で育った猫
  • 産まれてから、基本室内で暮らす猫

 

外での暮らしが長い猫の特長として『好奇心』が強いです。

外の環境から刺激を受け、ストレスを感じません。

 

一方、家の中で育った猫は、外の環境がストレスに感じます。

そのような猫を無理やり外に連れていく事は、難しいでしょう。

 

したがって、成長環境も重要な要因です。

運動不足は間違い?

猫も散歩をしないと運動不足になると思っていますか?
その考えは間違いです。

 

猫は基本的に縄張りが狭く、その縄張り内で行動する動物です。

家の中を縄張りとしている猫は、家の中の運動だけで運動不足は解消します。

 

しかし、最近では美味しい食べ物が増えた為『デブ猫』が増加しています。

その場合は『キャットタワー』などの運動用具を与えると良いでしょう。

 

デブ猫の記事はこちらからどうぞ♪

その他の散歩のデメリット

散歩のデメリット一覧

猫の散歩をする際のデメリットとして数点挙げます。

  • ノミ、マダニの感染症
  • 野良猫との喧嘩
  • 交通事故
  • 脱走
  • 植物などの中毒

 

これらのリスクも伴うと思って下さい。

 

特に近年注目のある、

マダニから媒介する『SFTS』などの感染症は、人間の死亡例もあります。

 

以上のことから、
猫を外に出す際は、予防類を完璧にすることが大前提です。

バイ君
ワクチンなどの予防薬は大事。摂取しないと感染症のリスクが高くなるよ!

だから『やらない』って選択肢はないよ!

猫の散歩がいらない理由:まとめ

私自身、猫の散歩は賛成派です。

 

散歩をするメリットとして、『ストレス解消』が挙げられます。

猫にとってストレスは天敵です。

 

猫にはストレスを引き金とした、さまざまな病気があります。

つまりノンストレスなら『病気の予防』に繋がるということです。

 

その為にも、散歩を取り入れる価値はあります。

 

しかし、猫は遺伝的な要因や性格から散歩をする動物ではありません。

愛猫の性格を見極め、外の世界にストレスに感じない猫でしたら大丈夫です。

 

愛猫とよく相談をしてから、散歩をしましょう。



-犬・猫の行動, 猫の行動
-, , , , ,

Copyright© TorutoruBlog【とるとるブログ】 , 2020 All Rights Reserved.