キャットフード ドッグフード ペットフード

【ロイヤルカナン】減量系フードのリニューアルポイント3点♪

困った人
満腹感サポートがリニューアルするって聞いたよ。

事前にリニューアル内容を知りたいな

終売になる製品があると聞きました。

何が終売になるのでしょうか?

困った人

このような疑問を解決します。

 

ロイヤルカナンのフードは、全製品がリニューアルする予定となっています。

 

その中でも「満腹感サポートシリーズ」といった人気製品が存在する
「減量系フード」のリニューアルになります。

 

この記事では
「名称の変更」や「パッケージのデザイン変更」、「終売情報」
の内容を、一つ一つ丁寧に説明をしていきます。

 

本記事のポイントは下記の3点。

記事のポイント

・減量期フードのリニューアル内容が分かる

・リニューアル後はどの製品を使えば良いのか

・満腹感のキブル(粒)の変更について

 

バイ君
えっ!満腹感サポートの名称変わるの!?

現場は混乱しそうだね!

混乱しないように、事前に準備をしよう!
ゲンちゃん

 

この記事を書く””りぷとん”はこんな人。

りぷとん

◆ペットフードの栄養学アドバイザーの資格取得
⇒年間約100セミナー実施。

◆ペットフード相談会
⇒年間50回

◆動物病院に毎日出入り
⇒鮮度の高い獣医療の情報ゲット

 

以前のリニューアルの記事はこちらからご覧ください!

 

 




減量系フードのリニューアル内容

リニューアル内容 その➀/製品名称変更

満腹感サポートスペシャルの名称変更とその理由

  • 新名称『満腹感サポート小型犬用S』
  • もともと小型犬用に作られてたから

 

それ以外の製品は、名称変更がありませんので、ご安心ください。

リニューアル内容 その②/パッケージの変更

こちらから図解していきます。

 

基本的に全製品が緑色のパッケージに変更となります。

 

犬用と猫用共にイラストが全て一緒になりますので、
しっかりと製品名をチェックしてから購入するようにして下さい。

 

リニューアル内容 その③/内容量の変更

内容量が変更の製品がある。

  • 猫用「満腹感サポート」の内容量⇒500gから400へ変更。
  • 猫用「糖コントロール」パウチの内容量⇒100gから85へ変更。

「満腹感サポート」の容量変更理由としては、
食物繊維が多い製品なので500gの袋では容量がパンパンになってしまうので、容量を減らしたという事です。
見た目の値段が安く感じるかもしれませんが、グラム換算で値段を抽出すると、変更がありません。

 

猫用パウチは、全カテゴリーで85gとなります。
容量が減っている分、1袋の値段が下がります。
しかしグラム換算をすると価格の変動はありません。

終売製品のご案内

リニューアル内容 その④/減量サポート終売

ダイエット食の一つ「減量サポート」が終売となります。
理由として、減量サポートを推奨している病院が少なくなり、売れなくなったからです。

 

「満腹感サポ―ト」シリーズと「減量サポ―ト」の違いが分かれば、納得して頂けると思います。

 

この二つの製品の使い分けは、
1日の給与表を「守れるか」と「守れない」という点があります。

製品の使いわけと

  • 給与表を守れる飼主⇒「減量サポート」
  • 給与表を守れない飼主⇒「満腹感サポート」シリーズ

 

犬・猫共にダイエットをする際は、ご飯の量を少なくしなければなりません。
その少なくすること自体が嫌だという飼い主が、非常に多いです。
理由として、いつもより少ない量で「かわいそう」という感情が出てしまう事が一番だと思います。この点で、

 

減量中だけど多く与えれることが可能な「満腹感サポート」に軍配があがります。

 

このような利便性を考えていくと、減量サポートの使用する機会が減ってしまい、
減量なら「満腹感サポート」シリーズを考えられるようになったのです。

 

移行製品の紹介

減量サポートが終売になった後は、用途によって使い分けを考えます。

✅犬用の場合

  • 満腹感サポ―ト⇒中型犬・大型犬
  • 満腹感サポート小型犬用S⇒小型犬
  • 満腹感サポート+CLT⇒ダイエットのストレスを取り除きたい
  • 満腹感サポート+低分子プロテイン⇒食物アレルギーを持っている犬

 

✅猫用の場合

  • 満腹感サポート⇒食物繊維が豊富なので、満腹感の持続が期待できる
  • 満腹感サポート+CLT⇒ダイエットのストレスを取り除きたい

以上が移行推奨製品のまとめになります。

 

リニューアル内容 その⑤/満腹感サポートの粒の変更について

満腹感サポートについて

満腹感サポートは、ダイエットを成功させる為に様々な工夫が考えれています。

ダイエットを成功させる重要なポイントは、「満腹感の持続」です。
例えば、お腹いっぱい食べた後にラーメンやカレーを食べろと言われても食欲が湧きませんよね?
そのメカニズムは犬・猫共に同じです。
満腹感を感じさせ、且つ、持続をする事が出来れば、おねだり行動をしなくなります。

 

おねだり行動が少なくなる=食べ物を与える回数が減るので、順調にダイエットを行う事が可能になります。
その満腹感に関する工夫がなされている製品が「満腹感サポート」シリーズになります。

 

 キブル(粒)の変更点まとめ

満腹感の持続をさせる為に、キブル(粒)の形が変更となります。
粒の形が「Oキブル」から「Xキブル」へと形が変わります。

 

Xキブルの利点は2つ。

  • いびつな形にすることによって、よく噛むことを促す
  • よく噛む食事の仕方に変更することによって、食事時間を長くさせる

 

中型犬と大型犬は、フードを丸呑みするケースがあります。
粒をいびつな形にすることで、丸呑み防止効果があります。

 

■まとめ

減量系のリニューアルは理解出来ましたでしょうか?
終売製品や大幅な名称変更も1製品のみしかないので、混乱は少ないと思います。

 

しかし、パッケージの色やイラストが全ての製品統一となっているので
もしかしたら、飼い主が間違えて購入してしまうといった事が、乱発する可能性があります。

 

私自身、療法食は獣医師の下で処方されるべきと考えています。
インターネットや量販店で安く購入出来ますが、しっかりと病院で購入すれば間違えは起きないと考えてます。

 

療法食は薬と同じ立ち位置です。
係り付けの獣医師にしっかりと相談して、リニューアル後の製品を購入しましょう!




-キャットフード, ドッグフード, ペットフード
-, , , ,

Copyright© TorutoruBlog【とるとるブログ】 , 2020 All Rights Reserved.