サプリメント

ペット用サプリメントの副作用を学ぼう【入門編】

困った人

このサプリメントは『天然由来』だから安全って聞きました。

副作用を気にしなくて良いのかを知りたいな。

サプリメントは『医薬品』じゃないから副作用の心配はないでしょう。

だから何でも飲ましても大丈夫ですよね?

困った人

 

このような疑問にお答えします。

 

サプリメントは医薬品ではなく『食品』に該当します。
食品だからこそ、医薬品よりも身近に感じ購入も楽にできます。
その身軽さが危険な場合もあります。

 

サプリメントには「副作用がない」って思われている
飼い主が結構いる事も確かです。

 

口にするもので副作用がないって事は、絶対にありません。

 

この記事を読み、サプリメントの副作用を学びましょう。

 

記事のポイント

サプリメントの副作用の理解

必要ないサプリメントは飲まない

バイ君
この間、このサプリメントを飲むと痩せますって言われたよ。

食品なのに痩せるって怖いね

間違えた使い方は、かえって体に悪影響を及ぼすよ!

しっかり副作用の面も理解しようね!

ゲンちゃん

 

この記事を書く“りぷとん”はこんな人

りぷとん

◆ペットフードの栄養学アドバイザーの資格取得
⇒年間約100セミナー実施。

◆ペットフード相談会
⇒年間50回

◆動物病院に毎日出入り
⇒鮮度の高い獣医療の情報ゲット

 

前回の記事も合わせて読むと理解が深まります!

 




 

ペット用サプリメントの副作用を学ぶ

ペット用サプリメントの目的

サプリメントをペットに使う目的は以下の2点です。

  • ペットフードで不足分の栄養素を補填する
  • 毎日の健康の維持、または促進するため

 

つまりペットフードで栄養素が不足していると判断した場合、
サプリメントで不足分を補うということですね。

 

危険なのはサプリメントを“病気の治療目的”で使うことです。

 

治療目的の場合は
「サプリメント=病気が治る」と過剰に期待をしてしまいます。

 

このような過剰な期待の場合、落胆が激しいですね。
結果、「高額のサプリメントなのに効果がなかった」と言われるんです。

 

以上のことから、
サプリメントは治療目的でなく、健康を維持するため使用しましょう。
サプリメントの使用する目的を明確にすることが大切です。

 

バイ君
サプリメントの目的は、症状の抑制だよ。

治すものではないから注意が必要だね!

病気を治すなら、薬を飲むこと!

この使い分けはとても大事だよ!

ペット用サプリメントは『食品』という落とし穴

ペット用サプリメントが『食品』という3点の事実。

  • 医薬品のように、エビデンスが立証されていなくても良い
  • 成分試験や安全試験などの義務がない
  • 投与量も明確でない

 

全てのペット用サプリメントが、上記のようなものではないという事だけご理解下さい。
ペットで安全性試験のデータを取っているサプリメントも多数あります。

 

“あくまでも義務がない”ということを認識してほしいです。

 

サプリメントの投与量の安全試験が、十分なされていない場合は危険ですね。
知らず知らずのうちに、過剰摂取になっていたという事もあります。

 

また誇張された広告にも注意が必要です。
“天然由来だから安全です”のうたい文句が一番怖いですね。

 

口に入れるもので副作用がないものはありません。
このように“誤解を招く表現”をされていることもあります。

 

その他にも“関節の痛みをとります”とか“痩せます”と効果を言いきっている
サプリメントの広告を見ます。

 

これは完全に薬事法違反の表現です。
ペット用サプリメントは食品であり効果・効能は一切語れません。

 

確かに効果が実感できるサプリメントはあります。
サプリメントを摂取することにより、崩れた栄養バランスが整います。
結果、『痩せた』とか『痛みを感じなくなった』と実感するのでしょう。

 

ペット用サプリメントは、薬のようにエビデンスが揃っているわけではありません。
本当に病気を治療していくなら、薬を使用しましょう。

 

サプリメントは、あくまでも食品であるという認識が大事です。

 

ペット用サプリメントの副作用一覧

サプリメントで考えられる副作用5選。

  • 食物アレルギー
  • 下痢や嘔吐の消化器症状
  • 妊娠時の使用
  • 成長の阻害
  • 肝障害

上記が、サプリメントを使用しての副作用一覧になります。

 

食物アレルギーの原因3点

食物アレルギーの原因3点

サプリメントの現在用の食材

嗜好性を高めるフレーバー

サプリメントを包むカプセル

 

サプリメントには、色々な原材料を使い作られています。
カプセルには「豚」、フレーバーには「鶏」といたことです。
全て食材から作られるので『副作用』に注意して下さい。

結果、嘔吐、下痢、痒みといった症状がでます。

 

2種類のビタミン

サプリメントにはビタミンが濃縮されています。

ビタミンの2種類

・水溶性ビタミン

・脂溶性ビタミン

 

水溶性ビタミンは“水に溶けやすい性質”があります。
体内に取り入れたビタミンは、数時間後には尿中から外に排泄されます。
だからこそ水溶性ビタミンの類は、継続に飲み続ける必要があるんです。

 

脂溶性ビタミンは、肝臓等で蓄積することができます。
しかし、必要以上に肝臓を働かしてしまうので負担がかかります。

 

妊娠時や成長期での使用

妊娠時や成長期での使用

・胎児への成長の阻害

・骨の成長の阻害

妊娠中のペットにサプリメントを使用する際は、獣医師に相談して下さい。

 

胎児への影響が出る場合があります。
個人での使用判断をしないで下さい。

 

カルシウムは過剰摂取すると、過剰分を体内から排泄します。
その際に体内で働くホルモンが、骨の成長を抑制します。
カルシウムサプリメントを摂取しているのに、骨の成長を止めてしまうのです。

 

最悪の結果、骨が曲がった状態で成長するので注意が必要です。

これだけサプリメントにも副作用があるんだね。

これでも氷山の一角だもんね!

サプリメントを飲む際は、自身のアレルギーの保有を確認をするべき!

ゲンちゃん

ペットのサプリメントの副作用:まとめ

ペット用サプリメントの副作用は理解できましたか?

 

健康志向ブームでペットサプリメントの需要は高まっています。
そのような背景から、サプリメントは種類が増え続けています。

 

過大広告で宣伝したり、薬のように効果を唄うサプリメントが多いので
購入する前に獣医師に相談をして下さい。

 

食品といっても副作用はつきものです。
何かあってからでは遅いですよ。

 

必要がないなら「サプリメントを飲まない」という判断が重要だと思います。




-サプリメント
-, , , ,

Copyright© TorutoruBlog【とるとるブログ】 , 2020 All Rights Reserved.